花田優一「不倫美女」と関係否定するも“衝撃的つながり”発覚!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

花田優一

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

元貴乃花親方の長男で「靴職人&タレント」の肩書で活躍している花田優一。今年初めに女性誌が報じたところによると、女優・吉岡里帆の弟が昨年9月、優一に弟子入りしたものの、わずか3カ月ほどで辞めたという。

「姉の吉岡の紹介で弟子入りしたとのことですが、クレーム処理ばかりやらされ、靴職人の道を断念したということでした」(芸能ライター)

昨年8月には美女との密会による不倫疑惑が報じられ、11月には靴製作をめぐる金銭トラブルなどが原因で、所属していた芸能プロとの契約を解除したことが判明。12月には八角部屋の陣幕親方の長女と、約1年半でのスピード離婚を発表と、お騒がせ続きの優一だが、不倫疑惑のお相手との関係がちょっと不思議なのだという。

「不倫密会を報じられた相手は、銀座のクラブ勤務の女性。彼女の勤める店はもともと貴乃花親方と後援者がよく行く店だった。そこに合流したことのある優一が、その女性と六本木デートの後、女性の自宅でお泊りする様子が写真誌にキャッチされたのです。しかし、優一は当時既婚者だったので、親方の後援者が店にクレームを入れ、彼女は店を辞めたそうですよ」(夕刊紙記者)

 

女性問題の他にも問題が…

この不倫報道後の12月に優一は離婚したわけだが、どうやらその女性とは今もつながっているらしい。

「優一は昨年末、絵画の個展を開き話題になりました。そのときマスコミに渡した名刺の住所が、何とその女性の自宅の住所だったんです。普通なら母親・河野景子か優一自身の自宅にしそうなものなのに、一体その女性とはどんな関係なのか、よく分からない。ひょっとすると再婚も視野に入っているかもしれません」(同・記者)

一方、優一は離婚後に不倫について否定。「仲がいい子」だと断言していた。

女性問題を否定する優一だが、彼には他にも危機的なウワサがある。

「靴をオーダーしたものの納品トラブルに見舞われた被害者たちが、“被害者の会”を結成するという情報がまことしやかに囁かれています」(同)

母親の河野が本格的な芸能活動再開を報じられる中、果たして優一の“お騒がせ”が足を引っ張らずに済むだろうか。