県民投票「不参加の首長提訴を」

沖縄・辺野古移設で枝野氏

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の枝野幸男代表は18日のBS朝日番組収録で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票への不参加を表明した自治体を批判した。「拒否した首長や、議会で反対した議員に損害賠償請求できるのではないか。権利を不合理に奪われている県民は、首長らに訴訟を起こしたらいい」と述べた。

 有権者から解職請求(リコール)が起きた場合、党として支援していく意向も示した。

 沖縄県ではうるま市など計5市が県民投票への不参加を表明している。