これが正解!? 仙台GKシュミット・ダニエルの発音がネイティブすぎると話題に!

©株式会社愛幸

シュミット・ダニエルの発音がネイティブすぎました!

2014年に幼少期から高校生まで過ごし、その後中央大学を経てベガルタ仙台に入団した日本代表GKシュミット・ダニエル選手。ロアッソ熊本へ2回、松本山雅FCに1回、合計3回のレンタル移籍で頭角を現し仙台の守護神の座を獲得。197cm88kgの恵まれた体格を生かし、ゴール前に壁を作るシュミット・ダニエル選手は日本代表でも昨年11月にデビューを飾りこれからの日本代表を背負う期待の選手です。そんなシュミット・ダニエル選手は、先日のアジアカップ vsウズベキスタンに出場。日本代表の勝利に見事貢献しましたが、プレーよりも松木安太郎さんのネイティブな発音が注目を浴びているようです。

ネイティブな発音でシュミット・ダニエル選手の名を呼んだ松木安太郎さん

テレビ朝日のサッカー中継で解説を務めている松木安太郎さん。松木さんの解説は独特で、他の解説者とはまた違ったコメントで視聴者を楽しませてくれます。その松木さんがシュミット・ダニエル選手の名を呼ぶと、ネイティブな発音となってしまうようです。(笑)とっさに選手の名前を呼んだらネイティブな発音になってしまった可能性が高そうですが、とっさに出てくるあたり松木さんはやはり持ってますね!これからも解説でお世話になるであろう松木安太郎さん。次はどんな解説で視聴者を楽しませてくれるのでしょうか!?

神の山公式Twitter