パリのドッグショー どのワンちゃんがあなたのお気に入り?

©新華社

パリのドッグショー どのワンちゃんがあなたのお気に入り?

 【新華社パリ1月18日】年に1度のパリ・ドッグショーがこのほど、フランスの首都パリで開催され、350余りの犬種計4500匹が参加した。犬は年齢層や犬種ごとにいくつかのグループに分けられ、審査委員がそれぞれのグループの最優秀犬と、その日の最優秀犬を選出した。

 コンテストの2日間、来場者は犬の優雅さや威厳、訓練の成果を鑑賞したほか、飼い主と愛犬の息のぴったり合った様子や心温まる場面を見ることもできた。

 コンテストの審査委員は、参加した犬を厳格かつ詳細な基準で1匹ずつ審査し、それぞれの等級にふるい分け、優秀犬を決めた。各グループの「優勝者」には象徴であるロゼットが授与され、その中からさらに選ばれた上位3匹には、より大きな金色のロゼットが授与された。

 ドッグショーの審査員 ジャック・メダール・モンジャン

 審査には評価の基準があり、主観的なものではありません。最も良い犬を選び出すのは容易なことではなく、審査対象の犬種について熟知している必要があります。また、情報を統合し、同時にどうしてその犬が優秀なのかを説明しなければなりません。(記者/韓茜)