【ひろしま男子駅伝】平和大通りなど一時通行禁止 20日正午から

©株式会社中国新聞社

 広島県警は、ひろしま男子駅伝がある20日正午から午後3時半にかけ、広島、廿日市市にまたがる全7区間のコースを順次、交通規制する。

 平和大通りの田中町交差点(広島市中区)から宮島街道の油ケ免交差点(廿日市市)までの大半は、レースの進行に合わせて順次、全面通行禁止にする。そのうち、往路1区のランナーが通過する西観音町電停東交差点(西区)から西広島駅前交差点(同)に限り、午後0時20~50分の間、西へ進む片側だけを通行禁止にする。

 このほか、復路7区のコースとなる駅前通りの北進方向、城南通りの西進方向、中広通りの南進方向で、午後2時10分~3時10分にかけて順次、片側の通行を禁止する。県警交通規制課は「当日は周辺の道路も混雑が予想される。なるべく公共交通機関を利用してほしい」と呼び掛ける。