日ハム吉田輝も続けるか キャンプ2軍スタートから活躍した2018年ルーキー

©株式会社Creative2

ソフトバンク・大竹耕太郎【写真:藤浦一都】

ホークス育成だった大竹はキャンプ2軍から支配化&プロ初勝利と大ブレーク

 プロ野球のキャンプインまで2週間を切った。各球団ではスタッフ会議が行われ、春季キャンプの練習方針や1、2軍メンバー振り分けなどが行われている。

 キャンプの注目の1つがルーキーがどこまで1軍で通用するかだろう。昨季は2017年ドラフトで目玉だった日本ハムの清宮幸太郎やDeNAの東克樹、オリックスの田嶋大樹ら即戦力と期待される選手がキャンプ1軍スタートとなる一方、そうでなかった選手たちも多い。ここでは17年ドラフトでプロ入りし、キャンプ2軍スタートながらも、シーズンに入って活躍した選手たちを紹介したい。

 昨季中に最もブレークしたのはソフトバンクの大竹耕太郎だろう。早大から育成ドラフト4位でプロ入り。育成選手ということもあり春季キャンプは2軍スタートとなったが、ウエスタン・リーグで大活躍。22試合に登板し、8勝0敗、防御率1.87と好成績を残し、7月29日に支配下登録された。

 背番号も「133」から「10」と高い期待をかけられ、初登板初先発となった8月1日の西武戦(メットライフドーム)では8回2失点に抑えて初勝利。シーズンでは11試合登板し、3勝2敗、防御率3.88をマークした。カーブ、スライダー、チェンジアップなどを操る技巧派左腕は、今年も開幕ローテ入りし、1軍定着を果たせば、2桁勝利も見えてくるはずだ。

巨人の大城は開幕戦初安打と新人最速アーチ

 巨人の大城卓三捕手も昨季キャンプ2軍スタートながらも1軍で活躍した新人の1人だ。17年ドラフト3位でNTT西日本からプロ入りし、3月30日の阪神との開幕戦で7回に代打出場。右前安打を放って初打席初安打を記録し、開幕3戦目、4月1日の同カードでは「8番・捕手」でスタメン出場した。

 チームの新人捕手が開幕カードで先発出場したのは01年の阿部慎之助以来17年ぶり。さらに、3度目の先発マスクとなった4月8日のヤクルト戦では12球団の新人最速でプロ入り初アーチをマークした。シーズンでは83試合出場、打率.265、4本塁打、17打点。チームはオフに西武からFAで炭谷銀仁朗を獲得し、阿部慎之助も今季は捕手として勝負する。定位置争いは熾烈を極めるが、持ち味の打力を生かしたいところだ。

 日本ハムの西村天裕投手も忘れてはいけない。17年ドラフト2位でNTT東日本からプロ入り。春季キャンプは2軍スタートとなったが、チームの新人でただ一人の開幕1軍入りを果たした。3月30日の西武との開幕戦でデビューして1回無失点。その後も救援投手として活躍し、4月7日のロッテ戦で初勝利、5月27日の西武戦ではプロ初セーブをマークした。シーズンでは26試合登板し、2勝2敗1セーブ、8ホールド、防御率3.52を記録。今季は150キロを超える直球を武器に1年を通した活躍が期待される。

 注目のルーキーでは日本ハムのドラフト1位の吉田輝星投手がキャンプ2軍スタートとなった。キャンプ2軍から、どのような成長曲線を描くのか。2月のキャンプが待ち遠しいところだ。(Full-Count編集部)