ロアッソ新体制発表 1年でJ2復帰は「使命」

©株式会社熊本日日新聞社

ロアッソ熊本の新加入選手ら。中央は渋谷洋樹監督=えがお健康スタジアム(小野宏明)

 今季J3のロアッソ熊本は18日、新たな選手とスタッフの記者会見をえがお健康スタジアムで開いた。元日本代表のGK山本海人(33)らは「熊本はJ3にいてはいけない」「J2昇格の使命感を持って戦う」などと意気込みを語った。

 J3に初めて降格する今季は「我心勝鍛(がしんしょうたん)」をスローガンに掲げ、永田求社長が「1年でのJ2昇格へ、われわれの心を鍛え、勝利のため鍛錬に励む思いを込めた」とあいさつ。渋谷洋樹監督は「選手一人一人の特徴を生かし、結果を求めながら成長する」と述べた。

 讃岐から加入した34歳で、J2通算69得点のFW原一樹は「まだまだ成長できると思っている。昇格のために得点にこだわる。J3の17チームの中で一番点を取りたい」と宣言。増嶋真也コーチと豊島幸一GKコーチは「勝つために選手や監督をサポートする」と口をそろえた。

 新しい背番号も決まり、昨季は空いていた「10」はMF伊東俊、山本は「22」、原は「9」。松本から移籍したFW三島康平は「11」を背負う。新ユニホームは20日の新体制発表会で披露する。

 27選手となった新チームは19日午前10時、えがお健康スタジアムで練習を開始する。(後藤幸樹、樋口琢郎)

今季の陣容

GK (1)畑   実29
   (21)野村 政孝27
  ☆(22)山本 海人33
   (35)内山  圭25

DF☆(3)小笠原佳祐22
  ☆(4)酒井 崇一22
   (5)植田龍仁朗30
   (7)片山 奨典35
   (23)小谷 祐喜27
   (24)高瀬 優孝27
   (29)衛藤 幹弥19
   (39)鈴木 翔登26

MF (2)黒木 晃平29
   (6)村上  巧29
   (8)上村 周平23
   (10)伊東  俊31
  ☆(14)中原  輝22
   (15)坂本 広大23
  ☆(16)田村 翔太23
   (19)八久保 颯25
   (25)田辺 圭佑26
   (27)中山 雄登27
  ☆(31)岡本 知剛28

FW☆(9)原  一樹34
  ☆(11)三島 康平31
  ☆(13)北村 知也22
   (17)佐野  翼24

 ※左からポジション、背番号、名前、年齢。☆は新加入選手。

新加入選手ひとこと

 GK山本海人(J2横浜FC)チームが目標に向かって一丸となることが大事。キーパーとして選手の気持ちや方向性を一つにまとめられるように努力する。熊本地震の復興支援活動にも積極的に参加したい。

 FW原一樹(J2讃岐)ロアッソならさらに成長できると信じて移籍した。渋谷(洋樹)監督や北嶋(秀朗)ヘッドコーチの指導を仰ぎながら、自分を磨きたい。

 FW三島康平(J2松本)アピールポイントは空中戦の強さ。点を取るためにどん欲にプレーする。1年で必ずJ2に復帰するために全力でチームに貢献する。

 MF岡本知剛(J2松本)ポジションはボランチ。攻撃のスイッチを入れる、前線への縦パスを見てほしい。J2復帰、J1昇格を目指すチームの顔になりたい。

 MF田村翔太(J3福島)ともに震災を経験した福島から熊本に移籍することに縁を感じる。スピードを生かしたドリブルに注目してほしい。J2復帰を果たし、県民と一緒に良い1年にしたい。

 DF酒井崇一(東海大熊本、長洲町出身)本職はセンターバックとボランチ。ヘディングの強さとボール奪取能力に自信がある。熊本地震で被災した県民の思いを胸に、シーズンを戦い抜く。

 DF小笠原佳祐(筑波大)センターバックとして攻撃の起点となるパスの正確性やゴール前でのシュートブロックが強み。ロアッソのために全身全霊で戦う。

 MF中原輝(駒大、山鹿市出身)地元のクラブでプロとしてスタートできることを誇りに思う。開幕から試合に出場することが目標。サイドアタッカーとしてゴール、アシストにこだわりたい。

 FW北村知也(宮崎産経大)運動量と泥くさいプレーが持ち味。古里の宮崎、プロとして一歩を刻む熊本の両県に恩返しできるよう、一人前になりたい。

 ※かっこ内は昨季の所属チーム

(2019年1月19日付 熊本日日新聞朝刊掲載)