推薦入試、志願倍率0.96倍 県立高

©株式会社岩手日報社

 県教委は18日、2019年度の県立高校推薦入試志願者数を発表した。募集人員1020人(前年度1056人)に対し志願者は978人(同958人)で志願倍率は0・96倍(同0・91倍)。外国語や実業系の専門学科で志願倍率が高く、9校13学科(同5校9学科)で2倍以上となった。試験は25日で、各学校は2月1日までに合格通知を送付する。

 推薦入試は全日制63校120学科のうち、志願者なしの12校(同12校)を除く51校95学科で実施。推薦枠は募集定員の10%で、不来方芸術学系は40%、不来方、盛岡南、花巻南の体育関係のコース・学科・学系は50%。1次選考は行わない。