災害時には“警視庁のツイッター”!? ネットで正しい情報を得るために

©ジグノシステムジャパン株式会社

防災士でもある古賀涼子アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。今回の放送では、警視庁が発信している「警視庁警備部 災害対策課の公式ツイッター」を紹介しました。

※写真はイメージです

災害時、ラジオやテレビ、インターネットは必要な情報を得るための大切なライフラインになります。しかし、なかにはデマ、誤った情報などが拡散される場合も。深刻な事態に陥ったとき、間違った情報に惑わされないためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、発信元をきちんと確認することが重要です。なかでも、国や自治体などの公的機関が発信している公式情報は信憑性が高いと言えます。そこで今回は、警視庁のツイッターアカウント「警視庁警備部災害対策課」をご紹介します。

このアカウントは、地震などの災害状況はもちろんのこと、防災対策、サバイバルテクニックなど、普段から災害時に役立つ方法をツイートしている人気のアカウントです。フォロワーはなんと76万人。

まずは、災害への備えに関するツイートです。ある日は、北海道胆振東部地震の教訓を踏まえ、備えておくべき携帯の充電機器を写真付きで紹介。またある日は、ツイッターの“中の人”の「交番勤務をしていた時、台風前には必ずアンダーパス(地下道)の排水溝のゴミを取り除いていた」という経験談から、街の美化と冠水喚起を呼びかけています。

もちろん、いざというときの対応についても紹介しています。剥がれにくい絆創膏の貼り方、TシャツやYシャツで三角巾を作る方法、上着を利用した簡易担架の作り方など、すべてわかりやすい写真付きで解説しており、いざというときすぐに取り組むことができます。

また、備蓄食品についても、賞味期限が長めだったり、常温保存ができたりするオススメを定期的に紹介。さらに、備蓄食品を買い替えた際などに、古くなった乾パンで作ることができるスイーツレシピまで紹介しています。

これらの情報は、警視庁の公式Webページ内「災害対策課ベストツイート集」でも見ることができます。特に反響の大きかったツイートが「災害の豆知識」「便利技」「食べ物」「その他」の4項目にわけて掲載されているので、気になった方はまとめてチェックしてみてくださいね。

<番組概要>
番組名:防災FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:55~9:00
パーソナリティ:古賀涼子
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/bousai/
◆◇83名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 今すぐ応募を♪◇◆