TPP拡大し自由貿易推進を

保護主義対抗、11カ国閣僚声明

©一般社団法人共同通信社

TPP委の冒頭、あいさつする安倍首相=19日午後、東京都内のホテル

 環太平洋連携協定(TPP)に参加する11カ国は19日、発効後初となる閣僚会合「TPP委員会」を東京都内で開き、保護主義に対抗するため「TPPを拡大し、自由貿易を力強く推進する」と明記した声明を採択して閉幕した。有望視されるタイを見据え、新規加盟する国に対する手続きも決めた。

 安倍晋三首相は閣僚会合の冒頭に「私たちの理念に共鳴する全ての国にTPPはオープンだ」とあいさつし、加盟国の増加に期待を示した。

 参加11カ国は声明で追加関税の応酬を繰り広げている米中を念頭に、世界的な保護主義の台頭に懸念を表明した。