【ひろしま男子駅伝】宮城代表の上野が闘志 13年ぶり安芸路

©株式会社中国新聞社

 宮城の上野渉(ホンダ)が13年ぶりに出場する。福岡代表で2区区間賞に輝いた中学生の時以来。「中学生たちと触れ合い、当時が懐かしい。初心に帰って楽しみたい」と声を弾ませる。

 宮城・仙台育英高では都大路で活躍し、駒大では箱根路を沸かせた。「この駅伝だけは縁がなかった。ずっと出たいと思っていた」。ふるさと選手に名乗り出て、アンカーを担う。

 「濃密な3年間を過ごした。第2の古里」という宮城への感謝を込め、勝負が決する13キロへ駆けだす。

    ◇

 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝=日本陸連主催、中国新聞社、NHK共催)は20日、広島市などで行われます。

上野渉