【ひろしま男子駅伝】「豪雨被災地に感動を」 茨城・川澄主将が選手宣誓

©株式会社中国新聞社

 選手宣誓は今年の国体開催地、茨城の川澄克弥主将(大東大)が務めた。

 当初、主将だった森田歩希(青学大)のエントリー変更で、代役が巡ってきた。昨年は西日本豪雨をはじめとする災害が相次いだことに触れ、「被災された方々に勇気、感動を感じていただけるよう精いっぱい走り抜く」と誓った。

 大会当日は初の3位以内を狙うチームのアンカーを任された。2日連続での大役に、「宣誓が終わって安心したところがある。また緊張感を高めていきたい」と気合を入れ直していた。

    ◇

 天皇杯第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝=日本陸連主催、中国新聞社、NHK共催)は20日、広島市などで行われます。

開会式で選手宣誓する茨城の川澄主将