センター試験、2日目実施

新たに1人再試験対象

©一般社団法人共同通信社

 大学入試センター試験は20日、全国の会場で2日目の日程が実施された。初日に続き、多くの受験生が理科と数学を受ける。19日の試験で問題冊子の配布遅れが新たに判明し、再試験の対象は1人増えて5会場の計46人になった。

 センターによると、新たな再試験の対象者が出たのは修文大(愛知県)。英語のリスニングで、試験官が誤って受験生1人の机上に問題を配らず、試験開始後に受験生から申告があった。

 20日の試験のうち、理科は「物理基礎」「化学基礎」など基礎4科目と、「生物」「地学」など専門4科目から選ぶ。