「アーセナル、チェフの後釜になりうる3人の補強候補」

©株式会社コリー

プレミアリーグで長らく活躍してきた元チェコ代表GKペトル・チェフが今季限りでの引退を発表した。

ドイツ代表GKベルント・レーノがアーセナルの正GKになると目されているが、競争相手となるような実力派GKを補強する可能性もある。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ここでは、『sportskeeda』による「アーセナルでチェフの代役になれる3人の補強ターゲット」を見てみよう。

ジャック・バットランド(ストーク・シティ)

最近のアーセナルの移籍方針に沿えば、チェフの代役獲得に莫大な資金を投下することはなさそうだ。

その点、バットランドはいいオプションになるだろう。

25歳の守護神は2部降格となったストークでプレーを続けているが、プレミアリーグ移籍に目を光らせているかもしれない。

また、彼はイングランド代表でもあり、もし加入した場合にはホームグロウン規定においても意味がある。

レーノは一貫性に欠けるため、バットランドがレギュラーになる可能性もあるだろう。

ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー)

今季はじめ、リヴァプールはGKアリソン獲得に大枚を叩いた。そして、いまその対価を得ている。

アリソンは今季イングランドで最高の守護神であり、いくつかのビッグタイトルを獲得するかもしれない。

多くのメガクラブからの関心が伝えられるオブラクも現役最高のGKのひとりだ。アトレティコの守護神に君臨してきた彼には最高のGKになるための資質が全て揃っている。

PSGやユヴェントスも注視しているが、アーセナルも獲得に動くべきだ。もし彼を確保するための投資ができれば、クラブが抱える(守備の)問題を解決できるかもしれない。

ケイロル・ナバス(レアル・マドリー)

彼はこの数年最高のパフォーマンスを見せてきたGKのひとりだ。だが、W杯で活躍したティボー・クルトワの加入によって、クラブでの地位を失ってしまった。

レアルの失点は多いにもかかわらず、クルトワの地位は揺らいでおらず、ナバスは新天地を求めそうだ。移籍先の候補のひとつとして、アーセナルの名前も挙がっている。

手頃な価格で獲得できそうであり、ガナーズはナバスにプライオリティを置くべきだろう。CL3連覇に貢献した彼は経験ある素晴らしいショットストッパーであり、チェフの完璧な後釜になれるはず。