【センター試験2019】(2日目1/20)数学1の速報スタート、数学IAは難化か

©株式会社イード

2019年度(平成31年度)大学入試センター試験 一橋大学西キャンパス校門をくぐる受験生

2019年度(平成31年度)大学入試センター試験(以下、センター試験)2日目。数学1(数学I/数学I・数学A)の速報が開始された。

東進によると「数学I・数学A」の大問数には昨年からの変化がなく、出題分野は数と式、2次関数、図形と計量、データの分析、場合の数と確率、整数の性質、図形の性質。昨年まで3年連続で出題された集合と命題は出題されなかった。

「数学I・数学A」受験生のツイートには「難化」が目立つが、予備校の分析や平均点が待たれるところだ。

東進のほか、ベネッセ・駿台、河合塾、代々木ゼミナールなど大手予備校は、問題分析を速報している。1月19日に試験が実施された

地理歴史、公民、国語、外国語の難易度

については各予備校の情報が出揃っている。

問題と解答については、大手新聞各社や大学入試センターのWebサイト

で閲覧することができる。

田村麻里子