瀬戸内が初出場で4強入り 四国勢4校は初戦で全滅~全国選手権出場校中国・四国編~

©サッカードットコム株式会社

 平成最後の選手権、第97回全国高校サッカー選手権が閉幕した。中国および四国地方からは9校が出場し首都圏で熱戦を展開した。

 広島代表の瀬戸内(広島)は準決勝で前回大会準優勝校の流通経済大柏(千葉)に圧倒されるも、接戦を勝ち上がり見事に初出場で全国4強入りを果たした。県内では向かうところ敵なしの米子北は開幕戦で地元・国士舘(東京)を撃破するも、2回戦で途中出場の1年生MF川中浩夢にゴールを決められ0-1で丸岡(福井)に敗れ早期敗退となった。立正大淞南(島根)は3回戦で昨年度大会4強4の矢板中央(栃木)と対戦。自慢のパスワークで相手陣内に押し込む立正大淞南だったが、開始早々に失った1点が最後まで響き0-1で敗れ16強止まりとなった。岡山代表の岡山学芸館(岡山)は3回戦でプリンスリーグ中国で共にしのぎを削った瀬戸内(広島)に1-2で逆転負けを喫し1-2で敗れ8強入りを逃した。西京(山口)は全国常連の富山第一に初戦で敗れた。

 2018年度をプリンスリーグ四国勢で戦った香川西徳島市立高知西(2年連続2回目)の3校、そして愛媛県リーグ1部の宇和島東(愛媛)の四国勢は無念の初戦敗退となった。四国勢は冬の選手権で2年連続で全校初戦敗退となった。

▽中国・四国
鳥取米子北(9年連続14回目) / プレミアリーグWEST・・・2回戦
島根立正大淞南(3年連続17回目) / プリンスリーグ中国・・・16強
岡山岡山学芸館(2年ぶり2回目) / プリンスリーグ中国・・・16強
広島瀬戸内(初出場) / プリンスリーグ中国・・・4強
山口:西京(5年ぶり3回目) / 山口県リーグ1部・・・ 1回戦
香川香川西(4年ぶり11回目) / プリンスリーグ四国・・・ 2回戦
徳島徳島市立(2年ぶり16回目) / プリンスリーグ四国・・・2回戦
愛媛宇和島東(8年ぶり5回目) / 愛媛県リーグ1部・・・2回戦
高知高知西(2年連続2回目) / プリンスリーグ四国・・・ 1回戦