<動画>アーセナルDFの魂の肩ゴールを見よ

©株式会社愛幸

プレミアリーグ第23節アーセナルvsチェルシーのビッグロンドンダービーが行われ、2-0でホームのアーセナルが勝利した。

この試合でローラン・コシェルニーのゴールが話題となっている。

そのシーンが前半39分のセットプレーから

コシェルニーのゴールはセットプレーから生まれた。ソクラテスがクロスを上げた際、チェルシーのDFラインが揃わず、且つボールウォッチャーになった為に、コシェルニーはフリーで合わせることができた。

クロスをすらして、ファーを狙った結果、肩に当たってゴールインしたのだろうと推測される。

試合ハイライトはこちら

プレミアリーグ通算20得点に到達

データサイト『Opta』によると、彼にとってこのゴールがプレミアリーグ通算20得点目であり、アーセナルのDFとしては最多記録となった。また、自身プレミア9シーズン連続のゴールであった。

昨年5月にアキレス腱断裂の重傷を負い、W杯フランス代表メンバーから落選するなど、昨年は涙を呑んだ。今シーズンは引退したメルテザッカーから主将の座を受け継いだ。今年にかける思いは誰よりも強いだろう。

この一戦に勝利し、4位チェルシーと勝ち点差3といよいよ迫ってきた。アーセナルの今後の試合に注目だ。