モテる人の特徴「ワクワク」している人とは?

©株式会社オールアバウト

毎日をワクワクした状態で過ごしている人は、キラキラ輝いています。あなたは一日に何時間ワクワクしていますか?

あなたの雰囲気は、あなたの「感情」に関係している

最近、ワクワクしていますか?

遠足の前の日の子どものように、すぐに眠れないほど楽しみにしていることはありますか?

年齢を問わずモテる、キラキラ輝いている人は、この「ワクワク」が毎日のなかにたくさんある人です。

醸し出している雰囲気というものは、メイクやファッションのように、簡単に演出できるものではありません。内面に持っている、あなたの「感情」に大きく関係しているからです。

あなたの毎日が「楽しい」「うれしい」で、できているか「悲しい」「つまんない」で、できているか。

それによって、その人の雰囲気が決まるのです。

一般の方から俳優さんまで、キラキラと輝く人にインタビューしてきましたが、みなさん、自分の仕事のことを熱く楽しそうに語られます。一日のうちで一番長い時間を過ごす「仕事の時間」がワクワクして楽しいのなら、キラキラ輝いていて当たり前かもしれません。

例えば、毎日8時間働いているとして、その仕事をしている間、あなたはどんな顔をして、どんな気持ちで過ごしているでしょう?

「仕事ができる女」より、まずは「仕事を楽しむ女」を目指す

今の仕事にやりがいを感じられなかったり、生き甲斐と言えるほどの仕事が見つかっていなかったり、仕事でワクワクすることは、簡単ではないかもしれません。やりがいが感じられるには、やはり年月が必要でしょう。

でも、やりがいにこだわることはありません。

大切なのは、「仕事ができる」ことより「仕事を楽しんでいる」かどうか。

もちろん、「できる」と「楽しむ」は繋がっていますので、「仕事ができる女」は、イコール「仕事を楽しむ女」でもあると思います。文句無しにキラキラしているでしょう。その「できる」の前にまず、楽しめていればいいのです。

例えば、アロマセラピストのHさん(27歳)。思い切って、これまでの事務系の仕事から、癒し系の仕事に転職。人の身体に触れて「ありがとう! 」と喜んでもらえることでイキイキしてきました。彼女は業界では新人ですが、「この仕事が楽しい! 」と思えていることで、キラキラしています。そうして、楽しんでいるうちに、「できる」が後からついてくるものです。

仕事の100%が楽しいという人は、なかなかいないと思います。どんな仕事にも、辛いことや大変なことはあるはずです。でも、嫌なことをひっくるめて「それでも、この仕事が好き! 」と思えるなら、日々の仕事のなかに小さな幸せを見つけてワクワクできるはずですよね。

また、「向き不向き」をすぐ話題にする人がいますが、その答えを出すには5年、10年かかるはず。向いているかどうかではなく、仕事のなかに「好き」や「楽しい」があるかが重要なのです。

そして、「楽しい」を見つけられる人は、男性のことも「長所」を見つけるのが得意なはずですので、恋を続けるのが上手な人と言えるかもしれません。

自分を「磨く」よりも、ワクワク「楽しませる」趣味を

仕事でワクワクすることが難しいなら、キラキラした趣味を持っていることで、自分を輝かせることもできますよね。

ここでポイントとなるのは、

「自分を磨く」ために習い事をするのではなく「自分が心から楽しい! 」と思える趣味をする

……ということです。

あくまでも、自分が「ワクワク」していることが重要なのです。

趣味でワクワクして輝ける自分になれば、自然と人との出逢いも増えますし、趣味の仲間と恋愛に発展する可能性も期待できますよね。

「出逢い」を無理に探すよりも、まずは自分をキラキラさせることで、人を惹きつけてみましょう。そこから、またワクワクが増えるかもしれません。それに、「夢中になれるものを持っている女性」というだけで、男性からの評価もアップします。

ワクワクしていれば、無理をしなくても自然と顔がほころびますし、表情も豊かになります。表情の豊かな女性は、男性の好奇心をくすぐりますので、結果、モテることにも繋がりますよ。

ワクワクの気持ちが身体中に伝わり、あなたを作っている細胞のひとつひとつにも、その波動が伝わるはずです。

そして、あなたがワクワクしてキラキラすればするほど、同じようにキラキラした男性に寄ってきてもらえるはずです。

(文:藤嶋 ひじり)