重そうな球が6度ミットに…復活へ、鷹サファテまた“捕手目線”の投球動画公開

©株式会社Creative2

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

昨季は故障で離脱し5セーブ、復活へ向けて順調にリハビリを続けるサファテ

 復活を目指すソフトバンクの絶対的守護神、デニス・サファテ投手は順調にリハビリを続けているようだ。19日(日本時間20日)には、またしても自身の投球練習を“捕手目線”で撮影した貴重な動画を公開している。

 サファテは2017年に日本記録を塗り替えるシーズン54セーブを挙げ、66試合で防御率1.09という驚異的な成績を残してMVPに。昨季は名球会入りの基準である通算250セーブ到達に期待がかかったが、4月15日のロッテ戦を最後に戦線離脱。股関節の異変を訴えて米国に帰国し、手術を受けた。シーズンを棒に振り、昨季はわずか5セーブで終了。通算セーブ数は「229」でストップしている。

 ただ、ここまでリハビリは順調な様子で、12日(同13日)には初めてブルペンでの投球練習を行ったことを報告。そして、この時に続いて、19日に“捕手目線”での投球動画を公開した。当然、力の入れ具合はまだまだだが、重そうなボールが6度、捕手のミットに突き刺さっている。

 昨季リーグ最多の37セーブを挙げた盟友・森唯斗からの“クローザー奪還”を誓っているサファテ。いい状態でチームに合流できそうだ。(Full-Count編集部)