名門サッカークラブ+軟式野球チーム 「東京ヴェルディ・バンバータ」が誕生したワケ

©株式会社Creative2

19日に行われた「東京ヴェルディ創立50周年記念事業発表会」の様子【写真提供:(C)TOKYO VERDY】

軟式野球チームが東京ヴェルディと連携、その狙いは…

 東京ヴェルディ・バンバータという野球チームをご存知だろうか。

 東京都軟式野球連盟1部所属の軟式野球チームだが、2008年に「東京バンバータ」という名前で設立されたアマチュア野球チーム。「3年で日本一を獲らなかったら解散!」と大きな夢を掲げながらも、ごく普通の草野球チームとしてスタートした。

 高校・大学・社会人・プロ経験者をメンバーにもつチームだが、「普段仕事をもっていなかったら入団できない」という条件で選手を募り、発足から3年後の2011年には「高松宮杯第55回全日本軟式野球大会2部」で初優勝。公約通り3年で日本一のタイトルを獲得した。その後チームはどんどん大きくなり、オープン形式の軟式野球大会などで合計4度の全国大会優勝を成し遂げ、スーパー軟式野球チームとなった。

 その東京バンバータが、サッカーであまりにも有名な「東京ヴェルディ」と提携することが昨年発表された。

 1月19日に都内のホテルで行われた「東京ヴェルディ創立50周年記念事業発表会」では、東京ヴェルディの新しいロゴデザインが発表され、総合型スポーツクラブとして提携する、13競技16チームの新ユニフォームもお披露目された。

 東京ヴェルディの羽生英之社長は、サッカービジネスの枠を超えたブランドビジネスの展開について、競技性向上、スタジアム建設、ファン拡大といったエンターテイメントの創造・発信と、他競技展開の推進としてスポーツを通した人材育成にも力を入れていくと発表した。その一環として、軟式野球チーム「東京バンバータ」と提携する運びとなったのだ。どちらも東京を本拠地とするチーム。名前は「東京ヴェルディ・バンバータ」だ。

「東京ヴェルディ・バンバータ」代表の熊本浩志氏は「東京のチームであること、総合型スポーツクラブを目指していくこと、育成の取り組みもしていきたいということ、そしてたまたまですけど、チームカラーが“緑”ということもあって、フィロソフィーが近いので、それなら一緒にやっていこうかなって」と提携の経緯を話す。

 しかし、サッカーのイメージがあまりにも強い東京ヴェルディとの提携に抵抗はなかったか……。熊本代表は「僕はなかったんですけど、まわりで10年バンバータを応援してきてくれてきた人の理解を得るのは大変だったかなと。『なんでヴェルディ?』という声もゼロではなかったんで」と明かす。周りには、違和感を持った人もいたようだ。

 だが、続けて熊本代表はこう続けた。

「今回新しく今までのヴェルディのイメージを変えていくということも含めて、サッカーのヴェルディも新しい一歩を踏み出すということなので、我々も新しい一歩を踏み出すっていうことでいうと、過去は過去。これからはこれから。これまでも我々は守りに入ったことがなくて、毎年毎年新しいことをやっていくっていうのが、バンバータの基本姿勢だったので、そういう意味では全く問題なかったですね」

「総合型野球クラブ」で将来は複数競技での「二刀流」育成へ

 熊本代表は「総合型野球クラブをめざしていきたい」と話す。すでに東京バンバータでは学童野球「東京バンバータジュニア」があって、育成にも力を入れている。中学生の育成なども今後視野に入れているそうで、「サッカーではないですけど、いわゆる下部組織からトップチームまでを一貫した組織で運営して、アマチュア野球チームっていう、ひとつのロールモデルをつくっていきたい」と今後の展望を明かした。

 そして、「子どもが減っている中で、1人の人間が1つの競技というのは通用しなくなる。そうすると競技自体がなくなっちゃう。実際に部活がなくなっていくというのはよく聞く話だから、アメリカやヨーロッパみたいに1人の人間が2つ3つの競技をやれば、競技人口を減らさずにすむので、総合型っていうのは理にかなっていて、今はピッチャーをやりながらバッターをやることを二刀流と呼んでいますけど、野球とアメフトとか野球とバスケというような二刀流を次は育成したい」と、さらなる未来への望みもあるという。

 東京ヴェルディ・バンバータの一期生としてチームに加入した清水翔太選手は、桐蔭学園―慶応大学で野球を続け、大学4年生の時は首位打者にも輝いた選手。現在は銀行マンとして社会人1年目を過ごしながらの加入となった。今回のこのヴェルディバンバータ“誕生”を喜んでいる。

「かっこいいじゃんって思いました。サッカーっていうイメージが強かったのに、なんで野球やっているんだっていうところが面白いなって思って。野球がめちゃめちゃ楽しいんです。いろいろな経歴の選手がいて、年齢も様々で、そういう方たちと一つの目標に向かってやっていくのが楽しいなって感じています。軟式野球にはまだ慣れないですけど、そこをクリアしていくのも面白みなのかなって思って。土日の趣味というよりも、天皇杯っていう目標があるので、それに向かってやらなきゃいけないなって感じています。本業もまだまだですけど、どちらもきちんとやっていけるように頑張っていきたいです」

 東京ヴェルディ50周年記念事業発表会で新ユニフォームも披露し、「天皇賜杯・国体優勝を狙っていく」と新たな目標を掲げた「東京ヴェルディ・バンバータ」が、名門クラブと共に本格始動した。(白井京子 / Kyoko Shirai)