女子大生「防災女子」が実演 災害時の備蓄でおいしい料理を

©株式会社 サンテレビジョン

災害に備えて備蓄している食材を使った料理レシピの実演が、兵庫県神戸市の百貨店で行われました。 

このイベントは1月17日に合わせて、神戸学院大学で防災学を学ぶ「防災女子」と大丸神戸店が共同で企画したものです。 

防災女子は、災害に備えて備蓄している食材を定期的に使用し、使った分を買い足す「ローリングストック」を勧めています。 20日は学生が乾物や缶詰を使って「桜えびと栗の混ぜごはん」と、「きのこと湯葉のあんかけ丼」を買い物客らの前で調理。 災害時を想定して、調理器具を汚さないようポリ袋を使って実演しました。 

学生たちは上手に備蓄して災害に備えてほしいとしています。