銚子電鉄が観光ガイド本 おすすめコースなど紹介

©株式会社千葉日報社

銚子電鉄が作成した観光ガイドブック

 電車に乗って銚子観光を楽しんでもらおうと、銚子電鉄(銚子市、竹本勝紀社長)は、おすすめのコースなどを紹介した観光ガイドブックを作成した。

 同電鉄を利用して魚料理や温泉、景色を満喫できる「1日コース」、飯沼観音や銚子漁港第1卸売市場など観音駅付近を巡る「半日コース」を、写真や地図を交えて紹介している。

 一方、保有する車両など同電鉄自体の魅力も発信。「髪毛黒生」や「ロズウェル」といったネーミングライツの駅名愛称も掲載したほか、新たな土産物として人気の「まずい棒」や新名物「鯖威張(サバいば)る弁当」を紹介。鉄道員がホームページで購入を呼び掛け、経営危機から救ったという「奇跡のぬれ煎餅」のエピソードも載せた。

 さらに、1日乗車券の特典協力店や、アプリを使った街歩きサービス「えきクエスト」も取り上げた。

 駅や電車内、市内の観光施設、協力店舗などで配布している。旅行会社やバス会社にも送付し、誘客を図る考え。問い合わせは同電鉄(電話)0479(22)0316。