丸山隆平が真木よう子のまなざしにゾッコン!?「カットごとにドキドキ」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で1月21日にスタートするドラマBiz「よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女(ひと)に賭けろ~」(月曜午後10:00)の記者会見が行われ、主演の真木よう子のほか、関ジャニ∞・丸山隆平ら共演陣が登壇した。

同ドラマは、周良貨氏原作、夢野一子氏作画で1993年に発表された漫画作品を原作としたビジネスエンターテインメント。よつば銀行台東支店営業課長の原島浩美(真木)が、大胆な行動力で支店の立て直しを行っていく。

現場でのエピソードを聞かれると真木は「営業課の現場はいい雰囲気で、笑いが絶えないんです。最近印象的だったのは、丸ちゃん(丸山)のくしゃみの仕方がとても特徴的で…(笑)」と、丸山が両膝を大きく曲げて右手で口を押さえ、左手を後ろに伸ばす独特のフォームだったことを暴露すると、丸山は「あれはぎっくり腰にならないためにとっているポーズなんです。僕も35歳なので。ウケ狙いのためにやっているわけじゃないんです!」と返し、会場の笑いを誘った。

会見では、原島浩美の決めゼリフ「恐れながら申し上げます」にちなんで、キャスト陣が誰かに申し上げたいことを発表する一幕もあり、丸山は真木に「そのまなざし反則です」と書かれたフリップを披露。その理由を丸山は、「(劇中で)浩美から僕が演じる加東に毎話お願い事をしてくるんですけど、その時の目線がすごい! 吸引力がブラックホールというか、毎カットドキドキしてしまうんです。このままだとほれてしまいそう」と真木のまなざしにゾッコンであることを明かした。

最後に真木は、「月曜の夜10時からのドラマBiz。これから1週間が始まるという少し憂鬱(ゆううつ)な月曜に、ぜひこのドラマを見ていただければ、1週間絶対、頑張れます」と締めくくった。