【MLB】元Gマイコラス、争奪戦の前に残留決定も? カージナルスと契約延長「可能性ある」

©株式会社Creative2

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

2年契約で来オフFAなら争奪戦も…残留に前向き「間違いなく可能性ある」

 昨オフに巨人からカージナルスに移籍し、米復帰1年目で最多勝に輝くなど大活躍したマイルズ・マイコラス投手が、契約延長について「可能性がある」と明かしている。MLB公式サイトが報じた。

 マイコラスは昨季、ジョン・レスター(カブス)、マックス・シャーザー(ナショナルズ)というメジャーを代表する投手と並んでリーグ最多タイの18勝(4敗)をマーク。勝率.818もリーグトップで、200イニングに到達(200回2/3)しながら与四球数はメジャー最少の「29」と抜群の安定感を誇った。

 カージナルスとは昨オフに2年総額1550万ドル(約17億円)の契約を結んでおり、このままなら今季終了後にFAとなる。複数の米メディアでは、来オフのFA市場で15位以内に“格付け”されており、今季も活躍を続ければ争奪戦の末に大型契約をつかめる可能性が高い。ただ、カージナルスがその前に契約延長に動く可能性は十分にあるだろう。

 MLB公式サイトは「マイコラスがカージナルスとの契約延長に関してオープンな構えを見せる」との見出しでレポート。「マイルズ・マイコラスは、FAになる前にカージナルスとの契約延長交渉にオープンな姿勢であり、この交渉が行われる時期に関する期限は定めることはしないと、彼は日曜日に語った」と伝えた。

 マイコラス本人が「僕がジュピーター(フロリダ)出身だと、間違いなく誰もが知っていること。球団と僕の代理人が(契約延長を)解決しなければならないことだからね。間違いなく(契約延長は)可能性があるよ」と話したことを紹介。ジュピターはカージナルスのキャンプ地で、マイコラスはプロになる前から学校帰りに母親に連れられてスプリングトレーニングの練習試合やオープン戦を観戦していたことを以前に明かしている。世界一11度を誇る名門への愛着は深い。

 記事では、交渉がスプリングトレーニング開始後になる可能性について触れながら、「マイコラスはそれに関してオープンな構えであり、必要であれば彼はレギュラーシーズンに入っても交渉を継続することも厭わないのである」と指摘。実際に、本人も「僕は『この日以降は交渉するつもりはないよ』だなんて人じゃないよ。僕はおおらかな性格だから、もし僕と話すことを望むなら、それは問題ないよ」と明かしている。

 FAになれば“人気銘柄”となることは確実だが、その前に大型契約でのカージナルス残留が決まる可能性も十分にありそうだ。(Full-Count編集部)