韓国側との協議打ち切り表明

©一般社団法人共同通信社

 防衛省はレーダー照射問題に関し、韓国側との実務者協議を継続しても真実の究明には至らないと考えられるとして、「協議を韓国側と続けることはもはや困難」と指摘し、協議を打ち切る考えを明らかにした。