西武が春季キャンプメンバー発表 巨人から移籍の内海、山川、秋山らが1軍

©株式会社Creative2

巨人から移籍の内海哲也もA班(1軍)スタート【写真:荒川祐史】

駒月&金子一&愛斗は初のA班スタート

 西武は21日、2月1日から行われる春季キャンプのメンバーを発表した。1軍に相当するA班(宮崎県・南郷)には新入団選手5人をはじめ、巨人から人的補償で加入した内海哲也投手が参加。また、秋山翔吾外野手や山川穂高内野手らチームの主力が顔をそろえる。

 一方でオフに右肘の手術を行った岡田雅利捕手ら、故障の影響で昨年の秋季キャンプを十分にこなすことができなかった選手に関しては基本的にB班(高知県・春野)からのスタート。岡田と同じく手術明けのファビオ・カスティーヨ投手、エルネスト・メヒア内野手の助っ人2人もA班には入らなかった。

 また、高橋光成投手、十亀剣投手、伊藤翔投手、小川龍也投手もB班スタート。一方、金子一輝内野手、愛斗外野手は初のA班スタートとなった。

 A班は2月1~18日(4日、9日、14日は休養日)に宮崎県日南市南郷中央公園でキャンプを実施。2月20~24日の期間中は高知県立春野運動公園を使用する。また、B班は2月1~27日に高知県立春野運動公園、高知市東部総合運動場で実施。期間中にメンバーが入れ替わる可能性がある。(安藤かなみ / Kanami Ando)