JR西、豪雨対策を樹木医が担当

運行影響回避狙い

©一般社団法人共同通信社

 JR西日本は21日、強い勢力の台風や豪雨に見舞われ、線路に木が倒れ、運行に影響が出るケースが増えていることを踏まえ、2018年度から倒木を防ぐ本格的な対策を始めたと明らかにした。樹木に関する専門的な知識を持つ社外の「樹木医」に危険性が高い場所を判断してもらったり、保守担当の社員が樹木医の研修を受けることで、倒木対策のノウハウを向上させたりしている。

 JR西では、昨年の西日本豪雨で、線路への土砂流入や倒木で不通区間が続出した。記者会見した来島達夫社長は「管轄範囲が広く、効率的な対策が必要だ。リスクを見極め、安全への成果を出したい」と述べた。