【速報】苦戦の錦織、第2セットも落として追い込まれる[全豪オープン]

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」4回戦での錦織圭

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会8日目、男子シングルス4回戦で第8シードの錦織圭(日本/日清食品)が第23シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦。錦織は第1セットに続き、第2セットも4-6で落とした。

第2セットは錦織のサービスゲームからスタート。第1ゲームでブレークポイントをしのいだ錦織だったが、第3ゲームでブレークを喫してしまう。錦織は第4ゲームでブレークポイントを握ったが、カレーニョ ブスタにしのがれ、追いつくことができない。

第1セットに比べるとカレーニョ ブスタのショットの精度が徐々に上がってミスが減ってきており、錦織があと一歩攻めきれない場面が増えてきた。

なんとかブレークバックしたい錦織は第8ゲームで2本のブレークポイントを握るも、カレーニョ ブスタに阻まれ、ゲームカウント3-5とされた。

そして第9ゲームでもカレーニョ ブスタにリードを許し、15-40と追い込まれてしまった。このピンチに錦織は2本のセットポイントをしのいでキープしたが、続く第10ゲームでカレーニョ ブスタのサービスゲームを破ることができず、4-6で第2セットを落とした。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」4回戦での錦織圭
(Photo by TPN/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら