ヴィッセル神戸が今季の新体制発表

©株式会社 サンテレビジョン

オフシーズンに補強を進めたサッカーJ1のヴィッセル神戸。先週、注目の新体制を発表しました。

サポーターが熱い視線を送る中、神戸市内で開かれた会見。スペイン代表として得点を量産してきたビジャをはじめ、元日本代表のサイドバック西やワールドカップに2大会連続で出場した山口など頼もしい顔ぶれがそろいました。

新戦力6人を加え、ヴィッセルが目指すのは、パスをつないでボールを保持するサッカー。昨シーズン、イニエスタ加入をきっかけに取り入れました。

ことしも震災発生日の1月17日に始動した新生ヴィッセル。アメリカ遠征と沖縄キャンプを経て、2月22日、開幕戦を迎えます。