【速報】錦織 第3セットを取り返して望みをつなぐ。世界23位との4回戦[全豪オープン]

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」4回戦での錦織圭

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会8日目、男子シングルス4回戦で第8シードの錦織圭(日本/日清食品)が第23シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦。6(8)-7、4-6で2セットを先に失った錦織が、第3セットを7-6(4)で奪ってベスト8へ望みをつないだ。

第3セットも錦織のサービスゲームから。第1ゲームをラブゲームでキープした錦織だが、第3ゲームでカレーニョ ブスタにデュースに持ち込まれる。追い込まれた錦織だが、ブレークポイントを1本しのいでキープした。

しかし第5ゲームで15-40とされた錦織は、カレーニョ ブスタにリターンエースを決められ、1ブレークダウンとされた。

それでも諦めない錦織は第6ゲームでパッシングショットやバックのリターンエースを決めてアドバンテージを奪い、見事にブレークバックに成功。ゲームカウントを3-3とした。

第7ゲームでもカレーニョ ブスタにデュースまで追い込まれたが、なんとかキープしてリードを作らせない。

さらに第9ゲームでも0-30と絶体絶命のピンチを迎えた錦織だが、ここも見事に守りきった。

そしてお互いにキープし、第3セットもタイブレークで決着をつけることになった。ここでも一進一退の攻防となったが、錦織がタイブレークを制した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」4回戦での錦織圭
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら