特別な場所でも撮影可能へ 長崎でコスプレイベント

人気コスプレーヤー招待

©株式会社長崎新聞社

 長崎市内の観光名所を舞台にしたコスプレイベント「キャラめるPOP NAGASAKI」の第2弾が3月9、10の両日開催される。今回はJRの列車内や路面電車の車庫といった特別な場所でも撮影可能になった。主催の十八銀行系シンクタンク、長崎経済研究所(同市)はコスプレや撮影を楽しみたい人を募集している。
 長崎新聞社などが共催。サブカルチャーを通じて長崎の魅力を海外に発信しインバウンド(訪日外国人客)を呼び込む観光庁助成事業として、昨年9月に初開催した。今回も人気コスプレーヤー(レイヤー)を複数招待。中でも、ななぴんくさんは会員制交流サイト(SNS)のフォロワー数が5万人を超え、発信力は高い。外国人レイヤーや留学生らも参加する予定。
 JRは長崎-佐世保に臨時列車を運行。車内のほか長崎、千綿、佐世保、ハウステンボスの各駅で撮影会を開く。長崎電気軌道の浦上車庫内では普段入れない線路上で撮影ができるほか、貸し切りの路面電車で市内周遊を楽しめる。帆船・観光丸による長崎港クルーズもある。このほか長崎孔子廟(びょう)や興福寺、眼鏡橋、県美術館にも撮影会場を設置。長崎出島ワーフではパーティーを開き、アニメ声優も出演する。
 2日間共通の参加料2千円(当日は2200円)のほか、会場によって500円~3500円のオプション料金が必要。JR利用だけの場合は共通参加料は不要で3500円。更衣室は全会場にある。伊王島のアイランドナガサキ宿泊プランもある。申し込みや問い合わせは専用サイト(http://charamelpop.com)へ。

路面電車の中でポーズを取るレイヤー(長崎経済研究所提供)
長崎孔子廟で撮影に応じるレイヤー(長崎経済研究所提供)