安全対策2154カ所必要 県内通学路ブロック塀

©株式会社宮崎日日新聞社

県内の通学路にある安全対策が必要なブロック塀。工事費用の補助がないことなどから、改修が進んでいない

 県内の公立小中学校の通学路などにあるブロック塀のうち、安全対策が必要な場所や安全が確認できていない箇所が計2154カ所に上ることが各市町村の調査で分かった。その大半は住宅や事業所など民間施設。現在は改修費用への補助はなく、県は「強制的に改修を求めるのは難しい」としており、抜本的な解決には時間を要するとみられる。