冬道運転アドバイス

伊達自動車学校で今年も安全講習会

©株式会社室蘭民報社

積雪のコースで慎重に運転する参加者

 伊達自動車学校(伊達市館山町、柳田直近校長)は20日、同校で冬道安全運転講習を実施した。市民ら24人が激しく変化する冬道路面に適した運転を確認した。

 伊達警察署、伊達地区安全運転管理者協会の協力で毎年実施している。雪を敷き詰め、数メートル置きのパイロンをジグザグに走行するコースや坂道発進などの体験を設けた。

 参加者は教習車に乗り込みコース内を走行。路面にハンドルを取られたり、坂道を上れない場面も。急ブレーキ体験などもあり、同校の指導員から適切なアドバイスを受けながら運転技術を高めていた。

 このほか発煙筒の使い方指導や、同署の桒原保交通課長の講話があった。
(奥村憲史)