クラゲ、チンアナゴ 海の人気者から「小学校卒業おめでとう」/八戸・マリエントで展示

©株式会社東奥日報社

白やグレーの体色が特徴のカラージェリーフィッシュ
砂から頭を出す姿が愛らしいチンアナゴ

 八戸市水産科学館マリエントは、本年度小学校を卒業する市内の6年生児童にアンケートした「見てみたい、展示してほしい生き物」ベスト10を展示する「卒業おめでとう展」を開いている。3月末まで。

 今年で9回目を迎える同展は、市内26校から計1160人がアンケート用紙に希望する生き物の絵やコメントを添えて投票。1位は211票を獲得したクラゲで、4連覇を達成した。

 昨年ランキング圏外だったチンアナゴが122票で2位、3位はクリオネが111票で続いた。4位はイカ、5位カメ、6位タコ、7位カニ、8位クマノミ、9位タツノオトシゴ、10位にはサメが入った。

 クラゲは、グレーや白の体色が特徴のカラージェリーフィッシュと、名前の通り逆さまに泳ぐサカサクラゲが登場。チンアナゴは砂から頭を出す姿が愛らしい。

 会場では12日現在、温暖な気候が影響して採集が困難となっているクリオネなどを除く10種55匹を展示。同展を担当する加藤昭浩さんは「子どもたちに人気の生き物が勢ぞろいしているので、ぜひ間近で観察してみてほしい」と話した。開館時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同館(電話0178-33-7800)へ。