「声援胸に戦った」 全国高校サッカーVの青森山田高イレブン、学校で報告会

©株式会社東奥日報社

優勝旗とメダルを胸に全校生徒の祝福を受ける青森山田イレブン=22日午前、青森山田高校

 青森山田高校(花田惇校長)は22日午前、全国高校サッカー選手権で優勝した同校サッカー部の表彰式と優勝報告会を、同校体育館で開いた。教職員や中学・高校の生徒ら約千人が出席。2年ぶり2度目の選手権優勝という快挙を祝福した。

 報告会では黒田剛監督が「生徒、先生方などの声援をいただき、温かいメッセージを胸に日々戦うことができた」、飯田雅浩主将は「自分たちのやってきたことを信じ、何とか勝ちきることができた。温かい応援ありがとうございました」と、それぞれ感謝した。

 表彰式では岡島成行理事長が選手に賞状やメダルなどを授与。花田校長は「たくさんの意味で、勇気と感動を与えてくれたことに感謝したい。ありがとう」と選手らをたたえ、黒田監督、飯田主将に花束を贈った。

 選手を代表し、選手権でも計4ゴールを決めたエースの檀崎竜孔選手が「2回戦から全5試合、簡単な試合はなかった。今までお世話になった方々に、試合での勝利と優勝という形で恩返しできたと思う」と、お礼を述べた。