平成30年分の住民税・所得税の 申告相談・受付がはじまります(1)

茨城県小美玉市

©株式会社パブリカ

平成31年2月18日(月)から、市内3会場で住民税・所得税の申告相談を受け付けます。
日時・会場については5ページの「地区の指定日と会場について」をご覧ください。相談時間短縮のため、来場前に各自書類の計算を行うなどのご協力をお願いします。

■申告フローチャート
申告相談前にチェックしてみましょう!
スタート
平成31年1月1日現在、小美玉市に住所があった。
いいえ⇒1月1日現在、住所のあった市町村へお問い合わせください。
はい

◎平成30年中の収入状況に最も近いものを選んでください。
(1)給与収入があった。⇒1.へ
(2)公的年金収入(遺族年金や障害年金などを除く)があった。⇒2.へ
(3)農業所得、不動産所得、事業所得(自営業・外交員・内職など)のいずれかがあった。⇒Cへ
(4)(1)~(3)のいずれにも当てはまらない収入があった。⇒Cへ
(5)収入は無かった。⇒3.へ

◎1.勤務先で年末調整を済ませた
いいえ⇒Aへ
はい

年末調整していない収入(ほかの会社の給与収入や農業所得など)がある。
はい⇒Cへ
いいえ

医療費控除、寄附金控除、住宅借入金控除など、控除内容に変更がある。
はい⇒Cへ
いいえ⇒Dへ

◎2.公的年金収入が400万円以下だった。
いいえ⇒Aへ
はい

公的年金以外の収入がある。
はい⇒Cへ
いいえ

医療費控除や扶養控除など、控除内容に変更がある。
はい⇒Cへ
いいえ⇒Dへ

◎3.市内に住む親族に扶養されている(健康保険の扶養とは別です)。
はい⇒Dへ
いいえ⇒Bへ

◎A所得税の確定申告が必要です。
◎B住民税の申告が必要です。
◎C所得税または住民税の申告が必要です。
◎D申告の必要はありません。
※収入が無かった方でも国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料などの軽減判定、そのほかの行政サービスを受ける際に申告が必要になることがあります。
フローチャートの診断結果は目安です。詳細は水戸税務署または小美玉市役所税務課までお問い合わせください。申告期間中は職員が申告会場にいるため、回答に時間を要する場合があります。あらかじめご了承ください。
確定申告のお知らせはハガキで届くようになりました。申告書は送られませんのでご注意ください。

■地区の指定日と会場について
!今年は玉里会場が例年と異なります。ご注意ください。

申告会場の混雑緩和のため地区を指定していますが、ご都合に合わせてお越しください。「地区指定なし」の日の会場は大変混雑します。

■必要なものと注意事項
※一例であり、申告の内容により異なります。

(1)マイナンバーが分かる書類と身分証明書をお持ちください
個人番号制度の導入にともない、平成28年分以降の申告では以下の書類の提示または写しの添付が必要です。
1.マイナンバーが分かる書類(マイナンバーカード、通知カード、住民票など)
2.顔写真付の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
※扶養親族分の書類は必要ありません。
(2)午前中の申告相談を希望される方へ
会場の警備の都合上、8:10ごろに開場します。受付名簿も同時刻ごろに設置します。事前予約は出来ませんのであらかじめご了承ください。
(3)ふるさと納税をした方へ
寄附した自治体数が6以上となる場合や医療費控除などで確定申告をする場合にはワンストップ特例が適用されなくなります。
(4)自分で申告書を記入して提出する方へ
確定申告書の第2表には、扶養親族や保険料控除の内訳、寄附金控除額などについて記載する欄があります。住民税の税額計算に必要な項目ですので記入漏れにご注意ください。
(5)国外に扶養親族がいる方は以下の書類をお持ちください
1.扶養親族である事を証明する書類
・戸籍の附票の写しなど
2.送金したことを証明する書類
・銀行の送金記録など