むらnoできごと

北海道真狩村

©株式会社パブリカ

■10/27 真狩小学校学芸会
11/18 御保内小学校学芸会
10月27日に真狩小学校の学芸会が真狩小学校体育館にて開催されました。
また、11月18日には御保内小学校の学芸会が御保内小学校体育館にて開催されました。
真狩小学校スローガン「笑顔いっぱい全力ステージ~仲間信じ、心を一つに!!~」、御保内小学校スローガン「輝~熱気と笑顔で会場をわかせ!!」のもと、大きな声でのセリフや歌、一生懸命演奏した器楽など、練習の成果を十分に発揮した子どもたちには、観覧者から大きな拍手がありました。

■11/3 自治功労者表彰式
村政に寄与しその功績が顕著であった方を表彰する真狩村自治功労者表彰式が交流プラザで行われました。
議会議員として村の発展に貢献し、消防団員や交通安全指導員として地域の見守り活動に尽力された島口勝さん(字社)が表彰されました。
また、代々受け継がれてきた土地を活用してほしいとのお考えから、面積10,706平方メートルもの広大な土地を公共用地として村に寄附されたS.Iさん(札幌市)が善行篤行功労者として表彰されました。

■11/7 道路清掃に貢献 感謝状を授与しました
地域活動の一環として、北海道ロードサービス株式会社様が村道の清掃を行ってくださいました。落ち葉や草、土だらけだった村道は、丁寧な清掃によってきれいになり、感謝の意を込めて、佐々木村長から感謝状が贈られました。

■11/19 地域づくり表彰
創意工夫を活かした個性的な地域づくりに、顕著な功績があった団体等を表彰する地域づくり表彰式が11月12日に東京都で行われました。
温泉卓球とスリッパを結び合わせるユニークな発想により、スリッパ卓球大会を継続して開催し、地域の活性化に大きく寄与した“まっかり温泉スリッパ卓球大会実行委員会(実行委員長:田村豊和さん)”が地域づくり表彰審査会特別賞を受賞され、11月19日に村長へ報告しました。

■12/3 監査功労者表彰
全国町村監査功労者表彰が行われ、村の監査委員として7年以上にわたって在職している印南正治さん(字光)が受章し、佐々木村長から伝達されました。

■12/5 真狩高等学校創立70周年
12月5日に真狩高等学校創立70周年記念式典が公民館にて開催されました。
真狩高等学校は昭和23年10月30日に北海道倶知安農業高等学校真狩分校として認可され、昭和27年11月1日には北海道真狩高等学校として独立しました。
記念式典では記念式典の実行委員長や生徒代表によるお祝いの挨拶がありました。

■12/9 真狩小学校開校120周年
12月9日に真狩小学校開校120周年記念式典が真狩小学校体育館にて開催されました。
真狩小学校は明治31年12月10日に真狩尋常小学校として開校し、昭和52年に現校舎が完成しました。
記念式典では、歴代校長やPTA会長などへ感謝状が贈呈され、真狩小学校の歴史映像とともに児童によるお祝いの言葉がありました。

■12/13 お兄さんたちと一緒にゆうゆうもちつき会
子育て支援センターゆうゆうにて、もちつき会が行われました。ゆうゆうを利用している親子と村青年団体協議会の皆さんが参加し、大勢でわいわいと「よいしょー!」の掛け声のもと楽しくもちつきをし、つきたてのおもちを一緒に食べて交流を深めました。