トヨタ、パナが電池新会社

EV普及へ20年末までに

©一般社団法人共同通信社

EVなどの車載用電池を開発、生産する新会社の共同設立について記者会見する(左から)パナソニックの人見健事業開発部長、トヨタの好田博昭パワートレーンカンパニー主査=22日午後、名古屋市

 トヨタ自動車とパナソニックは22日、電気自動車(EV)など電動車向け電池を開発、生産する新会社を2020年末までに共同で設立すると正式発表した。EVの普及を見据えて日本を代表する自動車メーカーと電機メーカーが手を組み、台頭する中国勢や韓国勢に「日本連合」で対抗する。

 新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資する。トヨタとパナソニックは開発や生産部門を新会社に移管する。パナソニックが日本国内や中国・大連に持つ車載電池工場の生産設備は新会社に移す。

 新会社で生産した製品はパナソニックを通じ、幅広く自動車メーカーに販売する。