海外メジャー初戦はギリギリ? 鈴木愛が交わす新シーズンの誓い

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社

海外メジャー出場、賞金女王奪還を目標に掲げた鈴木愛(撮影:鈴木健夫)

PINGゴルフが都内にて新作クラブの発表会を行い、『G410』シリーズをお披露目。同社と用具契約を結ぶ鈴木愛が、シーズン開幕に向けて新兵器とともに新たな志を持って登場した。

新ドライバーを打つと、「わー、つかまった!」と昨年の自身の平均飛距離(239.27ヤード)を上回る247ヤードを記録。「デザインがカッコイイ。ヘッドが大きくて安心感がありますし、すわりがよくて構えやすいです」とクラブを手に笑顔を見せた。

先週は、毎年恒例となっているプロ野球千葉ロッテマリーンズの福浦和也内野手の自主トレに参加。「プロとしても、大人としても素敵な方。一緒にトレーニングをやると、気づくと、自分も頑張らないとと思っています。今年は福浦さんに足の速さが並んできたので、ようやく追いつけるようになったと成長を感じています」と新シーズンに向けて調整も順調。この後は、27日から3週間ほど米国アリゾナに渡って調整を行う予定だ。

新兵器を手に目指すのは、賞金女王への返り咲き。2017年に賞金女王の座を射止め、18年はシーズン前半で4勝を挙げたが、後半はケガなどに悩まされて失速。賞金ランキングは3位に終わった。「1年を通してなんともいえないシーズンでした。今年は、去年できなかった5勝もしたいですし、また賞金女王になりたいです」と闘志を燃やす。

「海外メジャーも、出られる試合は出たい。一番はANAインスピレーション。来年の五輪も、自分が生きているなかで東京でやることはもうないと思う。積極的に目指していきたいです」。4月の海外メジャー「ANAインスピレーション」に出場するためには、3月6日時点の世界ランキングで30位内に入ることが必須だが、鈴木は現在30位。3月7日の国内女子ツアー開幕戦に向けて調整を行いながら、吉報を待つのみだ。