リバプール、昨季利益1億ポンド超え史上初のクラブへ

©フットボール・トライブ株式会社

リバプールの2017-18シーズンにおける税引前利益が1億ポンドを超える額になる可能性があるようだ。英紙『デイリー・メール』が報じている。

リバプールは昨年1月にMFフィリペ・コウチーニョを移籍金1億4500万ポンド(約204億円)でバルセロナに売却。また、チャンピオンズリーグでは準優勝でフィニッシュし、大会賞金8130万ポンド(約115億円)を獲得。これらを合わせるとリバプールの利益は1億ポンド(約141億円)を超えたようだ。

ちなみに、これまでの最高額はレスター・シティがプレミア優勝を成し遂げた翌年の2016-17シーズンに記録した9250万ポンド(約130億円)だった。また同紙によると、今回のリバプールの記録は、1億ポンドの利益を生み出した史上初のフットボールクラブになると伝えられている。