TOKYO FMとパイオニア、ドライブ行動特性に合わせた音声広告配信サービスを共同開発

©株式会社イード

ドライブ行動特化型デジタル音声広告 概要

TOKYO FMとパイオニアは1月22日、ユーザーのドライブ行動特性に合った音声広告を配信するサービス「ドライブ行動特化型デジタル音声広告」を開発したと発表した。

ドライブ行動特化型デジタル音声広告は、TOKYO FMが提供する無料FMラジオアプリ「WIZ RADIO」のログデータからドライブ行動を抽出し、その頻度や曜日、時間などの行動特性をパイオニアのプローブ情報解析技術を活用して解析。その解析データを基に、個々のドライブ行動特性に合った音声広告を最適なタイミングで配信する。両社は、ドライブ行動特化型デジタル音声広告の試験配信を2019年2月より行う予定だ。

コネクテッド化や自動運転など、自動車を取り巻く環境が大きく変化する中、車内におけるエンタテインメントに対するニーズは今後さらに高まると予測される。将来的には、パイオニアが地図データおよびプローブ情報を基に解析・蓄積してきた「行動傾向データ」を同サービスに紐付けることで、ログデータやWebアクセス履歴では補足できない地点属性情報まで考慮し、行動を先読みするなど、より高度なデータドリブンマーケティングが可能になるという。

今後も両社は、TOKYO FMが培ってきたメディアノウハウや地域特化情報発信ノウハウと、パイオニアが培ってきた車室内エンタテインメントに関するノウハウ、プローブ解析技術を組み合わせ、音楽を用いた新しいカーライフの提案を進めていく。