クラブW杯は最高や!「2年前まで工場労働者」の選手、海外での成功の秘訣とは

©株式会社コリー

『The42』は、チーム・ウェリントンに所属しているアイルランド人MFエリック・モロイのインタビューを掲載した。

エリック・モロイは1992年生まれのMF。アイルランドのウェックスフォードでプレーしたあと、2016年にニュージーランドへ渡り、その後チーム・ウェリントンに加入した選手だ。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

昨年OFCチャンピオンズリーグの優勝に貢献し、そして12月に行われたクラブワールドカップに出場。残念ながら初戦で敗れたが、決勝にまで進んだアル・アインを相手にPK戦にまで持ち込んだ。

彼によれば、なんと2年前にはアイルランドでチョコレート工場に勤務していたとのこと。クラブワールドカップの感想とは、ニュージーランドで成功できた秘訣とは?

エリック・モロイ 「狂っている話だよね!(笑)

僕はカーロウ(アイルランドの街)のチョコレート工場で働いていた。それから2年後、僕はクラブワールドカップでレアル・マドリーと同じ大会に出ていたんだよ。

レアル・マドリーやリーベル・プレートのようなチームと一緒にプレーするなんて、頭をよぎったこともなかったよ」

2016年にアイルランドリーグがオフシーズンになった際、数選手とともにニュージーランドのサザン・ユナイテッドに短期間加入。

数ヶ月間のプレーで印象を残したモロイはその後強豪チーム・ウェリントンに呼ばれ、正式にニュージーランドでプレーを続けることになった。

「UEFAチャンピオンズリーグではレアル・マドリーに勝ってほしかったね。偶然にでもクラブワールドカップで数試合勝てればレアル・マドリーとプレーできる…そんなチャンスを得たほうがよかったからね。

アル・アインにはPK戦で負けてしまった。ただ、あの試合の経験は素晴らしいものだったよ。スタジアムに入った時、何万人ものサポーターがいた。まるでテレビで見たチャンピオンズリーグの夜のようだった。

そして僕は実際にその真っ只中にいた。映画のようだったよ。『こんなところに僕はいるのか』と思い、周り全てを見渡すんだ。

試合は…僕がプレーしてきた中でも最も厳しいものだった。本当にテンポが早い。スピードも速い。アル・アインの選手はとても速く、ボールを上手く扱える。

彼らがボールを失った時には混乱していることがわかった。試合中にそれを利用することは出来たが、思ったほど我々がボールを持つことはできなかったんだ」

「0-3になってから追いつかれて、PKで負けるというのは、ただただがっかりしたね。我々はアマチュアのサッカー選手だが、勝てるだけの資質があると感じた。

クラブワールドカップで活躍したアル・アインのカイオ選手は、FCポルトと交渉しているというね。

僕もこのクラブワールドカップでプレーするのが夢だった。そしてさらにプロサッカー選手になりたい」

「選手としてプレーしながらU-13~17のコーチとして働いているよ。

ニュージーランドのサッカーはそれほど肉体的ではない。アイルランドのリーグよりも長いボールは少なく、フィジカル的な問題も乏しい。

そしてここは暑いからね。いつも走っているわけにはいかない。アイルランドと同じように走ったら、後半では十分なエネルギーを持てない。いろいろな要素が関係しているのだなとわかったよ。

イングランドとアイルランドだけじゃない。地球には間違いなくたくさんの世界がある。

僕が学んだことの一つは、精神的に国外への移動に備えなければならないという点だ。独立して生活する準備、そして異なるタイプの人々と働くことができるようにだ。誰ともうまく付き合うように。

国外に移住するのならば、自分だけではなく他の人々について考えなければならない。

チームに呼ばれるということは、誰かを助けるためである。そう考えなければならないし、それは相互に有益でなければ。

自分がうまくやるためだけに行くのであれば、利己的な理由のみになる。だから多くの人々がホームシックになって帰国することになるのだと思う。

誰にも知られていない場所で暮らすことになったら、友だちを作って、懸命に仕事をしなければいけない。

文化やプレーのスタイルに合わせて自分を調整するんだ。オープンになり、学ぶことを厭わず、心を整わせるんだ。

今季終了後、僕もどこに行くのか、サッカーがどこに連れて行ってくれるのか、よくわからない。自分はただ一生懸命努力して、次の道への準備をするだけだよ」

昨年限りで発展的解消が噂されているクラブワールドカップ。マーケティングは難しいだろうが、このような選手が夢を見ていることも事実である。このままなくしてしまっていいのだろうか…。