ポグバ、モウ解任で一転…マンUと新契約締結へ!

©フットボール・トライブ株式会社

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが契約延長に動き出しているようだ。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

ポグバはジョゼ・モウリーニョ監督との確執が報じられ、キャプテンをはく奪されると、ポグバが退団を希望していると複数メディアが報じており、移籍の噂が報じられてきた。

しかし、ユナイテッドは昨年末にモウリーニョ監督の解任を発表。新監督にはオーレ・グンナー・スールシャール監督が就任し、公式戦7試合を7連勝を挙げている。ポグバもその内の6試合にフル出場して5ゴール4アシストを記録している。

同紙によると、ポグバは指揮官交代を機に心変わりし、新契約の締結に向けて交渉をスタートさせる準備をしているよう。新契約では、現行の週給29万ポンド(約4000万円)からチームトップの給料を受け取るFWアレクシス・サンチェスの50万5000ポンド(約7000万円)に匹敵する額を要求しているようだ。