「前沢友作」を商標登録へ

ゾゾ社長、発信力強化

©一般社団法人共同通信社

 インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)が前沢友作社長の名前を商標登録に出願したことが22日、分かった。ゾゾは出願の狙いを明らかにしていないが、商品の販売促進などで発信力の強化に生かす狙いとみられる。

 昨年12月21日付で、漢字の「前沢友作」のほか、ローマ字表記の「yusakumaezawa」と「maezawayusaku」の3種類を出願した。現在は審査中という。

 前沢氏はツイッターなどを使った情報発信に積極的で、今月には100人に100万円ずつ総額1億円を配る企画を実施し注目を集めた。