パナ、中国でプレミアム家電強化

販売額5割増の3200億円目標

©一般社団法人共同通信社

「ポルシェ」のデザイン会社と提携して発売しているパナソニックの高級洗濯機=22日、中国浙江省杭州(共同)

 【杭州共同】パナソニックは22日、中国市場での家電事業について今後は高価格帯の「プレミアム商品」を強化する方針を明らかにした。現地でのデザインや開発態勢を強化し、中国人のニーズに合った商品を提供。2020年の家電販売額を18年比で約5割増の200億元(約3200億円)に引き上げることを目指す。

 現地法人の下林伸行副社長は「中国の消費者は所得が増え、より良い商品を求めている。市場は着実に高付加価値の方向へ向かっている」と説明。都市部の若い富裕層にターゲットを絞り、現状は同社売上高の半分程度を占めるプレミアム商品の比率を高める。