機長の操作原因で異常低下

NCAジャンボ機、米国で着陸中

©一般社団法人共同通信社

 日本貨物航空(NCA、千葉県成田市)のジャンボ機が昨年2月、米ニューヨークのケネディ国際空港に着陸進入中、高度が異常に低下して緊急操作するトラブルがあり、国土交通省は22日、機長の操縦かんを引く操作が不十分だったことなどが原因とする調査結果を公表した。

 空港は海の近くで、水面衝突を避けるため高度約146メートル付近で緊急操作をしており、国交省は事故につながりかねない重大インシデントに認定。同省は「機長と副操縦士が計器を監視できていなかった」と指摘した。