【平成の長崎】原爆の日 70年目

平成27(2015)年

©株式会社長崎新聞社

 被爆地長崎は8月9日、70回目の原爆の日を迎え、深い鎮魂の祈りに包まれた。人類史に残る未曽有の惨禍から復興を遂げた長崎で市民らは犠牲者に思いをはせ、不戦、非核の誓いを新たにした。長崎市の平和公園では市主催の被爆70周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が営まれ、田上富久市長は平和宣言で「長崎、日本にとって戦争をしないという平和の理念は永久に変えてはならない原点」と強調。「核兵器のない世界と平和の実現に全力を尽くし続ける」と宣言した。
(平成27年8月10日付長崎新聞より)
◇   ◇   ◇
【平成の長崎】は長崎県内の平成30年間を写真で振り返る特別企画です。

70回目の長崎原爆の日が巡り、平和祈念像に向かって手を合わせる被爆者の女性ら=長崎市の平和公園