【簡単キッシュ】パイシートの代わりに食パン!サクサク食感がおいしい

©日本食糧新聞社

富山在住、子どもとクッキングママのsanaです。豪華で見栄えがいいキッシュ! 子どもはもちろん大人にも人気があります♪ 今回はパイシートなしで簡単に作りたいと思います。パイシートの代わりに生地にするのはなんと食パン。生クリームも使わず、牛乳で代用しています。だから胃にもたれず小さな子どもにも食べやすいキッシュに仕上がります。具材は人気のあるベーコンとほうれん草としめじ入りです。簡単にできるのでぜひお子さんと一緒に楽しく作ってください。

サクサクに仕上げるポイントは

このキッシュで驚きなのは、なんといってもパイシートの代わりに食パンを使うことです!

パイシートのようにサクサクでおいしくできるのかな? とちょっと心配になっちゃいますよね。でも大丈夫! パイシートのようにおいしく仕上がります♪ 用意する食パンは何でも良いのですが8~10枚切り程度の薄さの食パンがおすすめです。あればサンドイッチ用のパンを使うと簡単ですよ。

そのまま使うとふわふわの食パンですが、麺棒でコロコロ転がすと…ペッチャンコに潰れます。その潰れた食パンをパイシートの代わりに型に敷きこんで使います。パイシートのように事前に解凍する手間もないので簡単ですよ。

サクサクに仕上げるポイントは、食パン生地のみあらかじめ焼いておくこと。表面がトーストされたみたいにカリッと焦げ色がつくまで焼くとおいしさアップです! 生地を焼いている間にキッシュの中身を作るといいですね。

それでは簡単キッシュを作ってみましょう♪

【材料】(4~6人分)
食パン(8枚切りか10枚切り、もしくはサンドイッチ用)4枚
卵 2個
牛乳 250cc
バター 大さじ2
ベーコン 2枚
玉ねぎ 半分
しめじ 半パック
ほうれん草 半把
塩コショウ 少々
チーズ 50g

【作り方】
1.まずキッシュの生地を作る。食パンはこのように麺棒で転がして潰す。

2.型に食パンを敷きこんだら、180度のオーブンで15分程焦げ目がつくまで焼く。

3.キッシュの中身を作る。フライパンにバターを入れて溶かしたら、食べやすく切ったベーコン、玉ねぎ、ほうれん草、しめじを入れて炒める。塩コショウで味付けする。

4.ボウルに牛乳と卵を入れて混ぜたら(3)と混ぜ合わせる。

5.食パンの生地の型に(4)を流し込んだら、表面にチーズを乗せて180度のオーブンで25分程焼く。

オーブンでキッシュを焼いていると卵やチーズのとても良い香りが部屋中に広がります♪ 手作りの嬉しいところは作っている間も幸せな気持ちになれることですね。子どももきっと「もう焼けたかな? まだ?」とそわそわしているはずですよ(笑)。

子どものお手伝いポイントは

さて、今回紹介したキッシュですが、簡単なのでぜひお子さんとも一緒に作ってみてください。子どもと一緒に作る際のポイントも記載します。

<食パンを一緒に麺棒で転がしてつぶす>
麺棒をコロコロする作業は子どもも大好きです。

<キッシュに入れる具材を考えてフライパンで炒める>
菜箸やヘラで混ぜましょう。

<卵と牛乳を混ぜる>
卵が割れる子どもは割ってもらいましょう。

<キッシュにチーズをトッピング>
トッピング作業も楽しい!

包丁で切り分けてどうぞ♪

小麦粉などは入っていませんが、卵の力でこのようにしっかりと固まります。卵と牛乳の優しい甘さが炒めた具材と合わさってとてもおいしいです。

食パンと牛乳を使うことで、パイシートと生クリーム不要のレシピにしました。その分油分やカロリーも控えめに仕上がっています。

キッシュに入れる具材は、お好みで変えてみてもいいですね。鶏肉やソーセージやミックスベジタブル、ジャガイモやかぼちゃなどを入れてもおいしくできますよ♪