イブラヒモヴィッチ「ハリー・ケインは“並”のトッテナムを退団しろ」

©株式会社コリー

近年、躍進を続けるトッテナム。マウリシオ・ポチェッティーノ監督とともに重要な存在となっているのが、エースFWハリー・ケインだ。

メガクラブから関心を寄せられながらも、スパーズに留まり忠誠を見せ続けてきた。 

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

そうした中、ズラタン・イブラヒモヴィッチの「提言」が話題になっている。『aftonbladet』などによれば、ケインについてこう述べたそう。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「イングランドにいた時、ハリー・ケインのプレーを見て、いいストライカーだと思ったよ。

まだ成長中だが、いいものを見せている。

だがしかし…俺がいつも言ってるように、ビッグクラブでプレーしろ。トッテナム以上のところで。

失礼ながら言わせてもられば、(スパーズは)並のクラブだ」

「トッテナムは素晴らしいチームだと思う。だが、全てを勝ち取れるレベルにはない。

マウリシオ・ポチェッティーノという素晴らしい監督がいるにもかかわらずね」

「(メガクラブでも)ケインはやれるだろう。だが、移籍が必要だ。

人々はその選手が勝ち取ったタイトルで記憶するだろうからね」