【速報】大坂なおみが第1セットを先取。現在2連敗中、世界7位との準々決勝[全豪オープン]

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」準々決勝での大坂なおみ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)の大会10日目、女子シングルス準々決勝で第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦。第1セットは6-4で大坂が先取した。

両者は過去に5回対戦しており、大坂から見て2勝3敗で現在2連敗中。対戦相手のスビトリーナは現在世界ランキング7位で昨年の「WTAファイナルズ」優勝者。「とても難しい試合になると思います」と語っていた大坂だが、連敗を脱して勝利をつかみ、グランドスラム連覇はもちろん、世界ランキング1位を目指して勝利なるか、期待がかかる。

第1セットは大坂のサービスゲームから始まった。序盤はお互いにサービスゲームをキープする展開が続く。しかしラブゲームキープはどちらにも無く、激しくポイントを奪い合った。

そして第6ゲームで大坂が15-40とチャンスをつかんだ。2本のブレークポイントをしのがれてデュースに持ち込まれたが、2連続でスビトリーナのショットがアウトとなり、大坂がブレークに成功する。

ところが続く第7ゲームで0-40と3本のブレークポイントを握られる。1本はサーブでしのいだが、大坂のダウン・ザ・ラインがネットを越えることができずにブレークバックを喫した。

続く第8ゲームで再び15-40と2本のブレークポイントを握った大坂がブレークに成功し、ゲームカウント5-3へ。そして第9ゲームが大坂のサービング・フォー・ザ・セットとなったが、30-0としたところからスビトリーナに連続でポイントを奪われ、またもブレークバックされる。

それでもゲームカウント5-4で迎えた第10ゲーム、またも攻める大坂がブレークに成功し、6-4で第1セットを先取した。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」準々決勝での大坂なおみ
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら